新世代インテリジェントシティコンソーシアム
New Generation Intelligent City Consortium

「新世代インテリジェントシティコンソーシアム」
New Generation Intelligent City Consortium (NGICC)
発足式を開催

写真
写真
写真
写真

民間企業・行政・大学・種々の団体などが協働して, ICTの新たな分野での活用を目指す 「新世代インテリジェントシティコンソーシアム」 の発足式を2014年2月4日・藤沢産業センターで開催しました. (発足式プログラム)

藤沢市市長鈴木恒夫・茅ヶ崎市長服部信明・葛城市長山下和弥・甘利経産大臣の代理・日本大学学部長を始めとして, 商工会議所(糸魚川・川崎)・種々の分野の民間企業など66名の参加を得て発足式を行い, 順調なスタートとなりました.

コンソーシアム理事長・斎藤信男(慶應義塾大学 元学部長・現名誉教授/W3C副議長)から, コンソーシアムの目的と活動概要・ “Webの国際標準化組織W3C(World Wide Web Consortium)の現状と将来” について説明し, 行政・大学・民間企業などが, それぞれの役割を担い,協働して幅広い分野で利益を上げていくことを目指していくと説明.

基調講演として,

  1. 斎藤信男 慶應義塾大学 名誉教授
    ウエブの標準化を進める国際組織であるW3Cの活動・インターネットの歴史・現状について.
  2. 萩野達也 慶應義塾大学 環境情報学部 教授
    「データのオープン化と知的構造」・・・データのオープン化の手法・メリット(防災・観光・ビジネスにおいてどのようなことが可能になるかについて説明)
  3. 鍵和田芳光 株式会社NAVICO 社長 (ビッグデータの日米の基本特許を保有)
    「ビジネスのインテリジェント化とその将来」・・・ICTを活用し,地域活性化,自治体間連携による経済活性化と福祉・防災への応用について説明.

発足式プログラム


〜取り組んでいく課題〜

次世代街づくり・人口動態の傾向・経済状況の安定化などを取り組む際の考え方とし, 一つの課題に対して,包括的な問題解決を目指し,真に有効に働く結果を求めていく.


日刊工業新聞
2014年2月14日号
タウンニュース・湘南版
2014年2月14日号
日刊工業新聞2014/2/14号記事 タウンニュース・湘南版2014/2/14号
Valid XHTML 1.0 Transitional
Copyright© 2013—2014 New Generation Intelligent City Consortium. All rights reserved.
E-mail: ngicc(at)sfc.keio.ac.jp