体育システム Ver.3 (TEST_MODE) (ja)

2017年春学期 金曜3限「空手」外薗 大志

授業の目的: 伝統的空手技法の学習を通じて心身の調和を図り、空手の楽しさを知る。

日時 場所 テーマ 内容 資料
1 4/7 ιイオタ17 ガイダンス 講義およびケーススタディにより授業の目的、具体的内容を理解する
2 4/14 体育館柔道場 組手(1) 組手で用いる攻撃技、防御技の学習
3 4/21 体育館柔道場 組手(2) 上記の発展的学習
4 4/28 体育館柔道場 組手(3) 約束組手の学習
5 5/12 体育館柔道場 組手(4) 自由組手における間合いの学習
6 5/19 体育館柔道場 組手(5) 空手の技を用いた護身術の学習
7 5/26 体育館柔道場 組手(6) 自由組手の発展的学習
8 6/9 体育館柔道場 形(1) 形で用いる基本的な立ち方、攻撃技、防御技の学習
9 6/16 体育館柔道場 形(2) 平安初段の学習
10 6/23 体育館柔道場 形(3) 上記の発展的学習
11 6/30 体育館柔道場 形(4) 平安初段の分解学習
12 7/7 体育館柔道場 形(5) 団体形の学習
13 7/14 体育館柔道場 形(6) 形の演武方法の学習
14 7/21 体育館柔道場 総括 これまでの授業内容の復習と応用

備考: ・ シラバスの内容は受講生の習得度合により変更します。
・授業内容は2限と3限で異なります。2限は形、組手の順に、3限は組手、形の順に授業を進めます。
・2回目以降の実技の授業では、空手着を貸し出します。道着の着用に不慣れな場合は早めに柔道場に集合してください。自分の道着を使用しても構いません。

注意事項: ・ 2回目以降の授業(実技)ではピアス、ミサンガ、腕時計、指輪等の装飾品は怪我・事故防止の観点からはずして下さい。履物は脱いで素足で受講してください。
・ 熱中症予防の観点から授業中の水分補給は十分行ってください。

メッセージ:

Copyright© 2000-2015 Tatsuya Hagino and Keio SFC Wellness. All rights reserved.
E-mail: taiiku-system@sfc.keio.ac.jp