体育システム Ver.3 (TEST_MODE) (ja)

2017年春学期 金曜5限「ハンドボール」長谷川 千紗

SA: 宮本 隼一

授業の目的: ゲームを中心に、個人での状況解決の仕方、グループでの状況解決の仕方を学ぶ。また、ボールを使った様々な動きを通して、コーディネーション能力を高める。

日時 場所 テーマ 内容 資料
1 4/7 εイプシロン23 オリエンテーションとハンドボールの紹介、基礎技能の紹介・実践、コート作り 授業のねらい、展開方法、安全管理、評価方法についての説明を行う。基礎技術の習得。
2 4/14 アリーナ 基礎技能(ボールコントロール、パス、キャッチ、シュート)、ミニゲーム ゲームを構成する基礎技術を理解し、それらを活用し技能を高める。
3 4/21 アリーナ 基礎技能(ドリブル、シュート)、ミニゲーム ゲームを構成する基礎技術を理解しながら、技能を高める。
4 4/28 アリーナ 基礎技能(フェイント動作)、ゲーム 1人のフェイント動作である個人技能を高める。
5 5/12 アリーナ 基礎技能(ディフェンス1)、ゲーム プレスディフェンス
6 5/19 アリーナ 基礎技能(ディフェンス2)、ゲーム ゾーンディフェンス
7 5/26 アリーナ ポジション別の練習 ゲーム局面の理解、様々なポジションからのシュート、ゲームを行う。
8 6/9 アリーナ 1対1、2対2 ミニゲームを行い、攻撃の展開、防御の守り方の基礎となる方法を学習する。
9 6/16 アリーナ 3対3 ミニゲームを行い、攻撃の展開、防御の守り方の基礎となる方法を学習する。
10 6/23 アリーナ 4対4 ミニゲームを行い、攻撃の展開、防御の守り方の基礎となる方法を学習する。
11 6/30 アリーナ 速攻、ゲーム 実際の試合を意識したミニゲームを行い、攻撃の展開、防御の守り方の基礎となる方法を学習する。
12 7/7 アリーナ グループ戦術、ゲーム チームを構成して全体的な動きや部分的なコンビネーションのやり方を習得し、チームとしての活動ができる学習を行う。
13 7/14 アリーナ グループ戦術、ゲーム チームによるリーグ戦を実施する。
14 7/21 アリーナ グループ戦術、ゲーム、まとめ 授業全体のまとめと評価を実施する。

備考:

注意事項: 体育館用シューズ、実技が出来るジャージ着用
ピアス・指輪等の貴金属類は危険であり必ず外すこと。

メッセージ: 毎回、必ずさまざまな試合を行います。ただしコートの大きさ、能力によって試合内容を決めます。

Copyright© 2000-2015 Tatsuya Hagino and Keio SFC Wellness. All rights reserved.
E-mail: taiiku-system@sfc.keio.ac.jp